2015/10/24

アボカドイタリアン

さて、今回の週末レシピは
アボカドを使ったパスタを作ってみました

少し前に
お菓子のピザポテトを紹介した時に
イタリアでアボカドってあまり見てないなぁ〜
って事を書きました

ピザポテト・アボカドチーズ

でも、日本のイタリア料理店では
アボカドのメニューって普通にありますよね

なので、
今回はアボカドのイタリアンに挑戦してみました


ちなみに、イタリア語でも
アボカドはavocado(アボカド)って呼ぶみたいです

アボカドはサラダとかが多いと思いますが
今回はパスタです

で、一応、アボカドと相性が良いとされている
エビとトマトを具材に選んでみました


作り方は
まず、写真の様に
具材を小さい角切りにします

そして、ペペロンチーノ風味にしたので
フライパンにオリーブオイルを入れて
スライスしたニンニクを炒めて
色が付いて来たら
エビと唐辛子を入れて炒めます

十分にエビに火が通ったら
アボカドとトマトと入れて少し炒めます


軽く炒めたら
パスタの茹で汁を入れて
ソース状にします

で、
茹で上がったパスタを絡めて
お皿に盛って完成です


食べてみると
温かいアボカドって初めて食べたんですが
意外と美味しいです

相性が良い
エビとトマトの組み合わせも良かったと思います

今回はペペロンチーノ風味でしたが
トマトを多めに使った
トマトソースでも美味しいかもしれないですね

ぜひ、少し変わったアボカド料理が食べたい方は
一度お試し下さいね

価格:999円
(2015/10/24 23:02時点)
感想(11件)



さて、今回のワインですが
前回と同じくリグーリア州のワインを紹介したいと思います

前回も書きましたが
リグーリア州は赤より白ワインが有名な州です

今回は、どちらかというと
フランスに近い地域で作られているワインです

「リヴィエラ・リグーレ・ディ・ポネンテ」ってワインです

こちらのワインもスッキリとした辛口のワインで
今回のパスタはもちろんですが
サラダ仕立てのアボカド料理にもぴったりだと思いますよ



4 件のコメント:

  1. ブオナセーラ!
    このアボカド料理は美味しそうですね~♪
    私は以前に買ったアボカドを、冷蔵庫で保管してたら
    いつまでたっても熟さないで、よく考えてみたら南国の果物だから
    冷蔵庫に入れちゃダメなんだと思って、
    外に出してからまだ食べていません~(笑

    温かい料理にも使えるんですね~?

    リヴィエラって森進一の「冬のリヴィエラ」っていう歌がありましたが
    イタリアなんですね?

    最近何かと発見が多いです^^

    返信削除
    返信
    1. まゆみさん
      ネットを見てみるとサラダみたいに冷たい料理もありますが
      チーズ焼きみたいに温めた料理も多かったですよ
      チーズ焼きとかも美味しそうなので
      今度挑戦してみたいですね
      リヴィエラはイタリア語で「海岸・川岸」とかいう意味ですよ

      削除
    2. 海岸、河岸なんですね?
      地名かと思っていました。

      イタリア語って、イタリアーノとかジャポネーゼとかっていう言葉は
      頭文字が大文字じゃないということが最初ずっと不思議な感じがしていました。
      英語に近いような言葉もあるけれど、ほとんどが全く違っていて、
      なかなか上達できませんね。

      ある程度、文法さえわかったら、リガブーエ様の歌詞に挑戦してみたいな♪
      今は歌詞だけ見てもさっぱりなので・・・

      削除
    3. まゆみさん
      もう少し詳しく調べてみると
      地名としても使われるみたいです
      イタリアのリグーリア州と南フランスのコートダジュールの辺りを
      リヴィエラって表記したり呼んだりするみたいで
      さらに、アメリカでは「リヴィエラ」って言葉に
      避暑地とか景勝地って意味も含まれるそうです

      削除