2015/01/13

一人旅(ローマ二日目)

どうも! ガブリエルです

今回の一人旅は
ローマ旅行の二日目です

前回のローマ旅行の一日目
電車が遅れて、雨が降って
さらに、迷子になるという散々な結果でした(笑)

まぁ、どちらにしても
1日ではローマの街を見て周るのはかなり無理があると思います
なので、また次の日曜日
お店が休みの日に
二週続けてローマに行きました
ただ、前回の事があるので
二回目は、ユーロスター(イタリア版新幹線)を使って行きました(笑)

ユーロスターだと、電車の遅れも少なく
その時は、ほぼ定刻通りにローマに着くことが出来ました

で、最初の目的地ですが
前回、見れなかった「バチカン市国」に行きました

一週間前にローマに行っていたので
地下鉄とかの改札とか乗り方が分かっていたのは良かったです
意外と、早くバチカン市国のバチカン美術館に到着する事が出来ました

ローマ法王がいらっしゃるバチカン市国の美術館だけあって
入場するのにセキュリティが厳しかったです
空港の手荷物検査みたいに赤外線?で鞄を見たり
金属探知機のゲートをくぐったりして入りました

イタリア国内にあるから
あんまり意識しませんが、
実際は別の国に入国するって事だから
当たり前の検査なんでしょうね

そんな、バチカン美術館ですが
自分が行った時には特別展示として「エジプト展」をやってました

ただ、やっぱりバチカン美術館に観光に来る人は
中世時代の画家の作品とか
キリスト教の宗教画を見に来たのか
エジプト展はあんまり人気が無くて
熱心に見ている人は少なかったです

そういう自分もバチカン美術館の目的は
ミケランジェロの傑作
「最後の審判」なんですけどね

システィーナ礼拝堂という
めちゃくちゃ広い部屋があるんですが、
そこの天井一面に描かれた超大作です

まぁ、見に行ったんですが
バチカン美術館に来た人が全員ここに集まっているんじゃないの!
っていうくらい人、人、人で溢れかえってます(笑)

最後の審判を見るのも
天井画なので、ずっと上を向いていて首が疲れますし(笑)

見て廻ると言うよりは
人の波に流されるって感じで
「感動」よりは「疲労感」が強かったです(笑)


他にも見る所は多くて
全部の作品をじっくり見ていくと一日では見終わらないといわれています

自分の場合は
結構早足で見て廻ったので
お昼過ぎには見終わりました

バチカンを見終わった後ですが、
軽くバールでパニーノ(サンドイッチ)を食べてから
ローマ観光の続きをする事にしました

バチカン市国の次に向かったのは
サンタンジェロ城です



このお城ですが
オードリーヘップバーンの「ローマの休日」にも出てきた建物です

噂では、
地下通路でバチカン市国と繋がっているという話もあります

コチラも中に入れる筈ですが
入場料がかかるので入りませんでした(笑)

その他にはスペイン階段やトレビの泉など
ローマに来たら最低限見ておかないといけない建物を見て周りました




この周辺は
見所になる建造物が多いので
ちょっとずつ見て周っていると
いつの間にかこんな所まで来てたのか!
っていうくらいビックリしますよ(笑)

ただ、やっぱり小さな路地とかも多いので
迷子になる危険性があるので
観光の際は注意してくださいね(笑)

で、帰りの電車もユーロスターを使って帰りました
さすがに、ユーロスターはそこまで遅れる事はありませんね
行きも帰りもほぼ定刻通りに到着した
予定通りのローマ観光が出来ました(笑)

今回の写真も無料の写真共有サイト
Pixabayさんからお借りしました

4 件のコメント:

  1. まゆみさん2015年1月15日 8:17

    おはようございます^^
    バチカンに行けたなんて羨ましいです。
    お金と時間があれば私も行ってみたいですよ。

    エジプト展にはあまり人気がなかったというのは
    わかるような気がします。
    わざわざバチカン美術館に行って
    一日では見終われないくらいの展示だったのならね。

    でもキリスト教に関心のある人なら
    エジプトは旧約聖書では重要な位置を占めているので
    私ならせっかくだから見てみたいです。

    バチカン美術館ってきっと常に人でいっぱいなんでしょうね。
    人の波に押されるってすっごく疲れますよね。
    空いているときにゆっくり見たいものですね。

    返信削除
    返信
    1. まゆみさん
      やっぱり、バチカンのメインは中世時代の作品なのかもしれませんね
      なので、エジプト展はイマイチの人気だったのかもしれません(笑)
      ほんと、空いている時にのんびり見たい作品が多いですが、
      空いている時ってあるんですかね?(笑)

      削除
  2. 待っていました!
    矢張りイタリアは凄いなぁ~
    天井画の「最後の審判」は書物でしか見てないですが、迫力満点のようですね。
    スペイン広場は今ではソフトクリーム厳禁になっているらしいですね。
    ガブさんが行った頃は未だ食べていたのかなぁ?

    サンタンジェロ城とバチカンが地下通路で繋がっているって何かの小説で読んだことがありますよ。
    秘密めいて面白いですね。

    返信削除
    返信
    1. なこさん
      最後の晩餐の迫力は凄いですよ
      天井一面が絵になってますからね
      スペイン広場は自分が行った時もダメだった気がします
      どちらにしても一人でスペイン階段で
      アイスクリームを食べていたら変な目で見られるかも(笑)
      サンタンジェロ城の地下通路は、
      ローマ法皇がもしもの時に脱出出来るルートになっているとかいないとか?

      削除