2018/01/16

ロブスターに注意

イタリアの隣の国スイスで
少し変わった法律が出来ました

エビややカニなど甲殻類を調理する際には
生きたまま茹でてはいけない
と言う法律です

調理する際には
必ず失神させてからじゃないといけないそうです



日本だと、伊勢えびとか
生きたまま刺身にして食べる時に
「まだ動いてる!新鮮だね!」
って言いますが
スイスでは絶対にダメって事ですね

さらに、輸送する際には
氷水や氷に入れて運んではいけない
と言う法律もあり
こちらの法律はイタリアでも施行されています

日本人からすると
なかなか信じられない法律ですが
動物愛護の視点からみると
当たり前の法律になるのかもしれないですね


2 件のコメント:

  1. そうなんですね~
    はじめて知りました!
    生きたままの魚調理をみて
    私もうわって思うほうだったので
    わからないでもないです。
    でも氷もだめ?ひえー!!
    イタリアは魚介類がとれるから料理がおいしいのかな?


    返信削除
    返信
    1. 蓮見さん
      生きたままの調理を見ると可哀想って思ったりしますよね
      でも、刺身とか出来上がった姿になると美味しそうなんですよね(笑)
      確かに、イタリアでも魚介類は沢山とれておいしいですが
      輸送する観点から見ると
      氷水とか鮮度には拘った方が良さそうですけどね

      削除