2015/11/04

Numero(ヌーメロ)

さて、今日は不定期連載のイタリア語講座です
今回はNumero(ヌーメロ)数字です

昨日の記事で
イタリア語で数字の4は「クワトロ」って紹介しました
せっかくなので、他の数字も紹介しますね

ちなみに、イタリア語の数字の1は
1度は聞いた事がある単語かもしれません

1はUno(ウノ)です

そうです、あのカードゲームのウノです
ゲームでは最後の一枚になったら
「ウノ!」って宣言しないといけませんが
その最後の一枚って事でこの名前になったみたいですね

価格:698円
(2015/11/4 22:31時点)
感想(4件)



ただ、ゲームの発祥はアメリカらしいです(笑)

こんな感じで数字を一つ一つ書いて行くと大変なので
ここからは簡単に行きますね

2 Due(ドゥエ)
3 Tre(トレ)
4 Quattro(クワトロ)
5 Cinque(チンクエ)
6 Sei(セイ)
7 Sette(セッテ)
8 Otto(オット)
9 Nove(ノーヴェ)
10 Dieci(ディエーチ)

個人的にややこしかったのは
6,7ですね
セイとセッテって同じ様に「セ」から始めるし
6,7で連続していますしね

もっとややこしのは
60と70です(笑)

60がSessanta(セサンタ)
70がSetanta(セッタンタ)

書いてみるとそうでも無いですが
買い物した時とかに
早口で数字の70を「セタンタ」とか言われると
ん?どっち?
ってなる事も多々ありました

イタリアに行ってすぐの頃は
数字なんて全然分からなかったので
買い物した時には
安い商品を買っても
お札で払ったりしていたので
最初の頃は、財布が小銭で一杯でした(笑)

まぁ、イタリアに行く事が無いと
イタリア語の数字なんて使う事はありませんが
良かったら覚えてみてくださいね

最後に
今回、UNOの広告を載せようと探していたら
最近は、いろんな種類が出ているんですね

基本は一緒なんでしょうが
最近は、あまりカードゲームで遊ばないので
企業さんとかはいろいろ考えているんでしょうね

価格:1,814円
(2015/11/4 22:35時点)
感想(2件)



価格:2,780円
(2015/11/4 22:35時点)
感想(169件)



価格:1,701円
(2015/11/4 22:37時点)
感想(1件)



価格:898円
(2015/11/4 22:36時点)
感想(1件)

4 件のコメント:

  1. UNOがイタリアのゲームなのかと思いましたよ~。
    違うんだ・・・。
    前のバイトでフランス語の数字を覚えましたよ。
    2がドゥで、7がセットゥだったんで、
    ちょっと似てますね~。

    返信削除
    返信
    1. 心姫さん
      あの辺りのヨーロッパの言葉は似てますよね
      でも、日本人からしたら似てますが
      イタリア人やフランス人にとっては
      全然別の言葉なんですよね

      削除
  2. まゆみさん2015年11月5日 18:56

    あのトランプのウノはイタリア語のウノだったんですね?
    9のNoveと、10のDieciは
    11月のノーベンバーと12月のディセンバーに似てますね?
    ノーベンバーとディセンバーはもともと9月と10月だったようですが、
    ジュリアス・シーザーとアウグスツスが、自分の名前を無理やり7月と8月に入れたので、
    もともとの9月のノーベンバーと10月のディセンバーが
    11月と12がつにずれ込んだのだと聞いたことがあります。

    おかげで言葉を1から覚えようと思ったら混乱してしまいます(笑

    返信削除
    返信
    1. まゆみさん
      ほんと、アウグストゥスには困りますよね(笑)
      8月も本来は30日だったのに
      自分の名前の月が他の月より日数が少ないって事で
      2月からもってきて、31日にしてますもんね

      数字と月のイタリア語を一緒に覚えようと思うと
      なかなか面倒ですよね

      削除