2016/10/08

キノコのホイル焼き

今日の週末レシピですが
10月に入りましたが
まだ、暑い日が続いていますね
でも、季節は「秋」って事で
きのこを使った料理です

季節のきのこのホイル焼きです(笑)

ただ、季節のきのこって言っても
安かったシメジと舞茸の2種類です

最近の野菜の高騰は
キノコにも影響が出ているのか?
しいたけとかも意外と高いんですよね(笑)

そんな訳で
今回は2種類ですが
お好きなキノコで作っても良いと思います

まず、キノコは
適当な大きさに切って
アルミホイルの上に乗せます

そして、キノコ以外に
唐辛子とニンニクのスライスも乗せます


で、ここに
かなり前ですが
以前紹介したイタリアンハーブミックスをふりかけます

ハーブミックスをかけるだけで
一気にイタリアンに変身ですね(笑)

あとは、
風味付けに
白ワインとオリーブオイルを少しだけかけて
アルミホイルで蓋をして包み込みます


一応、写真を撮りましたが
この写真はいらなかったかもしれませんね(笑)

アルミホイルに包んだら
オーブンで焼くんですが
フライパンでも中火にして蓋をして焼く事もできます

今回は、180度のオーブンで10分ほど焼きました

焼きあがって
アルミホイルを破るとこんな感じでした


多少、キノコがしんなりしてますが
あまり変化がわかりにくいですね(笑)
でも、ちゃんと火は通っていたので安心して下さい

食べてみると
ハーブの香りがキノコに付いて
とっても美味しく仕上がりました

ただ、結構、ハーブミックスをふりかけたつもりなんですが
塩味が薄かったので
後から塩を足しました

なので、作る時は
ちょっと塩味が強いかな?
って思うくらいの塩をかけた方が良いかもしれませんね

今回は、キノコだけでしたが
魚と一緒に焼いたり
鳥のササミなども相性が良いみたいなので
ぜひ、お好みでアレンジして食べてみて下さいね

さて、今回のワインですが
今回のレシピのキノコのホイル焼きは
ピエモンテ州のお店のアレンジでした

ピエモンテのお店では
大きなポルチーニ茸に塩コショウをして
タイムやローズマリーの香辛料を使ってました

なので、それに合わせるワインとして
ピエモンテ州のドルチェットというワインです

軽めの赤ワインなので
どんな料理にも合うと思います

個人的に、ドルチェットって大好きなんですが
意外と値段が高くて
平均すると2000円くらいの物が一般的なんですよね

イタリアでは、日常ワインとして
毎日の様に飲んでいたので
なかなか、飲む機会が無いのが残念なんですよね(笑)

もし、飲んだことが無い方がいたら
一度飲んでみてください
きっと気に入ってもらえると思いますよ


価格:1,382円
(2016/10/8 22:26時点)
感想(0件)




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本赤十字社でイタリア中部地震に対する募金が行われています
銀行振り込みで募金が出来ます
くわしくは、こちらのHPで確認してください



2 件のコメント:

  1. きのこのホイル焼きはヘルシーな感じがしますね。
    これに鱈の切り身なんかを入れるとよさそうですね。
    イタリアンハーブミックスを入れるだけでイタリアンになるというのが
    手軽でいいですね。

    私はホイル焼きといえば鱈の切り身とバターを入れるものというイメージがありましたが
    バターよりはオリーブオイルの方がヘルシーでよさそうですね♪

    返信削除
    返信
    1. 小町さん
      今回は、シンプルにキノコだけでしたが
      やっぱり、魚が入ると豪華に見えますよね(笑)
      バターだとコクが出て美味しくなると思いますが
      オリーブ油だと少しだけサッパリした感じに仕上がると思います

      削除