2015/02/11

バレンタインデー(2015)

もうすぐバレンタインですね

今年も特に予定が無いんですが(笑)
せっかくの年に一度のイベントなので
以前このブログで紹介したチョコなどを改めて紹介したいと思います

まず、イタリアのチョコって言われて思い出すのは
「Baci」バーチ(バッチ)のチョコです


価格:864円
(2015/2/10 23:07時点)
感想(0件)

日本に帰って来てからは食べて無いですが、
イタリアに居た頃は時々食べてました

こちらの商品ですが、
一つ一つチョコが包装されているんですが
その包装紙には、
偉人達の名言やヨーロッパの言い伝えとか書いてあるらしいです

「ん?」
イタリアで食べた時はそんな物あったかなぁ~
まぁ、色々書いてあるって面白いですよね
書いてある言葉は五ヶ国語書いてあるみたいですが、
日本語はあるのかな?

ちなみに「Baci」の意味は「キス」って意味なので
バレンタインに送ってみてはいかがでしょうか?

コチラは、baciのHPからお借りした画像です
見た感じでは、やっぱり日本語は無いですね(笑)



続いて、
「フェレロ・ロシェ」というチョコです

価格:756円
(2015/2/10 23:19時点)
感想(1件)

こちらは、日本で初めて見たチョコです
コンビニで見つけて
「おっ!イタリア産のチョコって珍しい!」
って思って買いました

その時の記事はこちらです「フェレロ・ロシェ

そういえば、このチョコですが、
新しく近くに出来たマックスバリューでも見かけました
日本では、Baciよりこっちが有名かもしれませんね

あと、コンビニで見つけたチョコといえばこちらもそうですね



こちらもイタリア産のチョコですが、
まだ、日本で発売されて間もないらしいですね

こちらの記事はこちらです
日本初上陸

価格:1,674円
(2015/2/10 23:26時点)
感想(11件)

最後は、
イタリア発祥のチョコをまとめて紹介したいと思います

「ジャンドゥーヤ」

ジャンドゥーヤとは
北イタリアのピエモンテ州の州都トリノが発祥で
ヘーゼルナッツを練りこんだチョコです

ジャンドゥーヤの記事は
チョコだけにちょこちょこ書いていたので(笑)
こちらがまとめたページです
ジャンドゥーヤ

価格:1,047円
(2015/2/10 23:38時点)
感想(9件)



「ビチェリン」

ビチェリンとは、こちらもトリノ発祥のチョコドリンクです
その時の記事はこちらです
イタリア老舗のチョコドリンク

価格:3,522円
(2015/2/10 23:47時点)
感想(0件)



以上、イタリアのチョコ特集でした

あっ!
去年のバレンタインにはこんな記事も書いてました
Rさんのバレンタイン

6 件のコメント:

  1. しばいつん2015年2月12日 0:08

    ウィターズのチョコは人気がありますね。
    ブログのアクセス見ると、ウィターズのフレーズ検索が多いですよ。
    まあ、バレンタインなんて私には全然関係無いけど・・・。

    そういえば、予約いっぱいのリゾット見つけたので
    今度食べて見ますよ。

    返信削除
    返信
    1. しばいつんさん
      バレンタインも近くなってチョコレートの検索もUPしているかもしれませんね
      まだ、日本では珍しいって事もあるのかもしれません

      削除
  2. なつかし〜( ´ ▽ ` )ノ

    今年はちゃんとガブにも
    あげるわよ♡ R

    返信削除
    返信
    1. Rさん
      つい、この間書いたつもりでしたが、
      アッという間に一年が経ってしまいました(笑)
      ヤッター!
      今年は最低でも一個チョコがもらえますね(笑)

      削除
  3. 「Baci」のチョコの意味、バレンタインに相応しいですね♡

    キス を、意味するなんて...オシャレ(笑

    懐かしい物語も、再度読んでみました~♪
    ...今年は、期待できそうですね♡

    返信削除
    返信
    1. yumeさん
      ほんと、Baciのチョコをあげる時には、
      意味を説明すると良い結果が出るかもしれませんね(笑)
      今年は一個はもらえるみたいです(笑)

      削除