2016/11/06

2016年イタリア中部地震の記事

新聞を読んでいると、今年の8月に起きた
イタリア中部地震の記事が載ってました

以前も書きましたが
かなり多くの建物が震災を受けていて
文化遺産の数だけでも約5000件の被害が出ているそうです

その被害額はかなりの金額で
数十億ユーロになるそうです

単位がユーロなので
現在の為替相場の1ユーロが114円に置き換えると
かなりの金額って事が分かりますね

また、10月30日にも
ほぼ、同じ規模の大きな地震が起きていて
その際には、ノルチャの町の教会が倒壊しました

その壊れた教会は
聖ベネディクト教会という名前で
1200年に建造された歴史ある建物だったそうです



少し構図が違いますが
後ろの教会が倒壊している様子が分かりますね

さらに、他の町の
チビタ・ディ・バニョレージョでも
鐘楼に亀裂が入っていたそうです


このチビタ・ディ・バニョレージョは
世界遺産への登録を目指していたそうですが
その前に、被害を受けた建物などの修復が待たれるそうです

イタリアは、紀元前から続く歴史があって
重要な文化財が至る所にあるので
今回の様な地震が起きると
文化財保護の点でも心配ですよね

最初に、8月に起きて
ようやく、落ち着いて来たかな?
って思った2ヶ月後の10月にまた大きな地震が起きると
調査をする方々も安心して調査が出来ないですよね

でも、イタリア政府や文化財に関連している人たちには
負けずに頑張って欲しいと思います

町のシンボルである教会が元通りになると
そこで暮らす人たちの心も明るくなるはずですよね

2 件のコメント:

  1. たび重なる余震によって、新たに倒壊したり...
    地震の際に住民が避難できるように建てられたはずのホテルや病院、
    地震に備えて改築をしたはずの学校なども倒壊のようですね。

    文化財保護の点でも心配ですよね..
    ほんと、教会が元通りになると
    そこで暮らす人たちの心も違ってくることでしょうね☆
    これ以上、被害が大きくならないで欲しいですね。願ってます!

    返信削除
    返信
    1. yumeさん
      この前の10月の地震(余震)が酷かったみたいですね
      前回で倒れなかった建物も
      今度は被害を受けていますからね
      キリスト教徒の人達には
      教会は心のよりどころなので
      早く復興してもらいたいですね

      削除