2017/12/30

イタリア・大晦日の過ごし方

さて、いよいよ2017年年も終わりですね
このブログも明日は簡単な記事で終わろうと思っているので
今日が最後のちゃんとした記事になると思います(笑)

今回は、以前も紹介したかもしれないですが
イタリアの大晦日の過ごし方です

まぁ、人それぞれ過ごし方って違うと思いますが(笑)
多くの人が過ごすって言うか観に行くのが
年末のカウントダウンの花火ですね

日本でも多くの場所で行われるので
それとほぼ同じ感覚ですね(笑)

日本と少し違うのは
新年の花火に少し意味があって
花火の音などで悪魔や悪霊を追い払う意味もあるそうです

なので、中には
家庭の庭やバルコニーなどで
花火をしたり、爆竹を鳴らしたりする事もあるそうです
この辺は日本と言うより中国の正月(旧正月)に近いですね

あと、同じ音で言うと
スプマンテ(発泡酒)の栓を開ける時の音
「ポンッ!」って音も魔除けの意味があるそうで
スプマンテで新年をお祝いする家庭が多いそうです

最近は、
赤い下着を身につけて新年を迎える事も多いみたいです
赤い色を身に付けると幸せになれる
って事から始まったみたいです
なので、この時期になると
ショーウィンドウには赤い下着が飾られる事もあるそうです(笑)

以上
イタリアの大晦日から新年にかけての過ごし方です
最初に書いた通り
過ごし方って言っても人それぞれなので
あくまで参考程度に聞いて下さいね(笑)


6 件のコメント:

  1. 明日は大掃除なのね
    だから簡単なのかな(笑)
    赤が幸せ呼ぶなら還暦の赤いちゃんちゃんこ
    貰えば良かった(๑˃̵ᴗ˂̵)

    こちらこそありがとうね
    またレシピのお手伝いできるように
    美味しいものいっぱい食べるわ♪

    返信削除
    返信
    1. Rさん
      そういえば、日本の還暦も赤ですね
      イタリアと日本って所々似ている部分も多いですね

      来年も美味しいパスタを沢山食べて
      レシピの協力お願いします(笑)
      それでは、良いお年を~

      削除
  2. のんびり屋さん2017年12月31日 11:51

    そういえば、昨夜お江戸の練馬あたりで
    30分程度打ち上げ花火がありました。(これまでなかったのでびっくり)
    たぶん観光のためだと思いますが、
    日本の年末・年始は、やはり、神宮の太鼓や
    お寺の鐘の音の方が良いかな~

    お国によって、価値観や習慣が違うので、
    このようなお話はとても面白いですね(^^♪

    今年もお世話になりました。
    来年もよろしくお願いいたします。(^o^)丿

    返信削除
    返信
    1. のんびり屋さん
      日本人だったら、除夜の鐘の方が年越しって感じがしますよね(笑)
      まぁ、最近は日本でも除夜の鐘より
      カウントダウン花火の方が多くなっているかもしれないですね

      こちらこそ、今年1年お世話になりました
      来年もよろしくお願いします

      削除
  3. 日本でお正月に花火っていうと、
    テーマパークぐらいですよね~。
    赤い下着って、どうもお年寄りのイメージになっちゃいます・・・。

    もう飲み始めちゃってるので、この後の記事にはコメントできないかもしれません。
    ってことで、先にご挨拶しちゃいますね。

    今年も1年間、参考になるレシピや、イタリアの豆知識、
    いろいろな記事、楽しく読ませていただき、ありがとうございました。
    そして私のブログへも、毎回コメントいただいて、
    本当にありがとうございます。
    来年もよろしくお願いします~。
    Buonanno!!

    返信削除
    返信
    1. 心姫さん
      最近は、テーマパークまで行って花火を見るのが
      日本も年越しって感じですもんね
      その後に、神社やお寺に初詣って感じですかね?

      こちらこそ、こんなブログに訪問してもらって
      コメントまで貰ってありがとうございました
      来年もよろしくお願いしますね
      Buonanno!

      削除