2015/08/01

Cozze(コッツェ)

今日の週末レシピは
Cozze(コッツェ)を使ったパスタです

コッツェと言えばイタリアはもちろん
他のフランスやスペインなどヨーロッパでも良く食べられてますよね

それに、日本でもメジャーな食材になりつつありますね

えっ?
コッツェが何か分からない?
それは、失礼しました(笑)

改めてCozze(コッツェ)ですが
ムール貝の事です

近くのスーパー
マックスバリューに行ったら
ボイルムール貝が売られていたので買って来ました


今回買ったのは、ガーリックバター味ですが
この他にトマトソース味も売ってましたが
シンプルなガーリックバターを買いました

中身は冷凍してあって
温めるだけで食べれます


袋から出して
フライパンで温めると
それだけで美味しいムール貝のソテーの完成です


ムール貝の身は
小ぶりですが
プリプリしていて美味しそうですよ


もちろん、このまま食べてもOKなんですが
やっぱり、パスタと合わせたいという事で
茹でたパスタと合わせました(笑)



これだけで
高級レストランに出しても良さそうな一品が完成です

味は、ガーリックバターの風味が効いていますが
ムール貝の味がしっかりしていて美味しいです

ただし、注意点がひとつあって
冷凍してある状態の時から
殻が割れている物もあります

そのまま食べる時は気にならないと思いますが
パスタと合わせると
割れた殻がパスタに絡まって
気をつけないと殻まで食べてしまいます(笑)

家庭でムール貝は食べる機会が少ないと思いますが
たまに食べると美味しいですよ

もし、生のフレッシュなムール貝や
味付けがしてないムール貝を手に入れたら
以前書いたボンゴレ(アサリ貝)のパスタを参考にして
調理してみてくださいね


さて、今回のワインですが
食材がCozze(ムール貝)なので
白ワインなんですが、
結構、イタリアのメジャーな白ワインは紹介しているんですよね
なので、今回はまだ紹介してないだろう
カラブリア州のワインです

カラブリア州は、イタリア半島のつま先の部分です
すぐ目の前にはシチリア島があって
シチリア島のワインの方が有名なんですよね
でも、カラブリア州にも美味しいワインはあります

今回紹介するのは「Ciro」(チロ)って名前のワインです

このワインは、
昔からカラブリア州にあるぶどう品種
「グレコ・ビアンコ」ってぶどうから作られてます

スッキリとした辛口のワインで
他の有名所のワインにも負けない味わいですよ
値段も他の地域に比べると
あまり知られて無いからか安いと思います
良かったら一度飲んでみてくださいね

価格:1,274円
(2015/8/1 23:11時点)
感想(1件)






2 件のコメント:

  1. まゆみさん2015年8月1日 23:46

    コッツェが何かわかりませんでした。
    ムール貝ならわかります。
    昔はあんまり売られてませんでしたよね。
    白っぽいのとオレンジ色っぽいのがありますが、
    オスとメスの違いなんでしょうか、、
    帆立貝もオスとメスで色が違いますが、
    白がメスでオレンジ色がオスだそうです。
    逆のような気がしますがそうらしいです。

    ガーリックバターは美味しそうですね。
    イオンのトップバリューならこちらでも手に入りますね。

    返信削除
    返信
    1. まゆみさん
      最初の方の文章はわざとです
      コッツェって書いて分かる人はよほどの人だけだと思います(笑)
      色の違いは何ででしょうね
      多分、まゆみさんが書いている説が正しいのかもしれませんね
      調べてみると、ヨーロッパでは普通に獲れていたんですが
      日本では外来種で本来は居ない貝らしいですよ
      なので、和食では使われる事がほぼ無いし
      最近になって食べられる事が多くなったんだと思います

      削除