2016/04/15

今日は何の日(4月15日)

さて、今日は何の日「4月15日」ですが
1452年の4月15日に
イタリアが生んだ天才
レオナルド・ダ・ヴィンチが生まれた日です

レオナルド・ダ・ヴィンチを説明するまでも無いですが
最後の晩餐やモナリザを描いた天才画家で
さらに、色々な発明もしたと言われています

で、そんなレオナルド・ダ・ヴィンチに関連するニュースが
ここ数日で起きていたので紹介したいと思います

最初のニュースは
レオナルド・ダ・ヴィンチの血縁者を発見!
と言うニュースです

1973年から始まった調査で
色々な文献を元にして
ようやく43年目にして存命する血縁者を発見したそうです

なんと、その血縁者の中には
アメリカのアカデミー賞にノミネートされた事もある
監督で脚本家のフランコ・ゼフィレッリさんもいるそうですよ

やっぱり、才能は遺伝するんですかね?

ん?
でも、ちょっと待って下さい!
レオナルド・ダ・ヴィンチは結婚する事なく
生涯独身を貫いた人なんです
さらに、噂では同性愛者という事で
子供というか子孫が居るはずが無いんですよね

なので、よくよく記事を読んでみると
レオナルド・ダ・ヴィンチの直接の子孫ではなくて
ダ・ヴィンチの兄弟の子孫だそうです

ただし、この兄弟も
父親は同じですが母親が違った気がするんですけどね〜
まぁ、ダ・ヴィンチと血縁関係と言っても間違いでは無いですよね

そして、続いてのダ・ヴィンチに関連するニュースですが
ダ・ヴィンチが描いた傑作といえば
「モナリザ」ですよね

そのモナリザのモデルになった人の別荘が売りに出されたそうです

モナリザのモデルは
トスカーナ州の裕福な商人の妻で
リザ・デル・ジョコンドと呼ばれる方です

なので、こちらもモナリザの別荘というよりは
モナリザの旦那さんの別荘って事ですよね(笑)

でも、モナリザが過ごしていたかもしれないので
好きな人にはたまらない物件かもしれないですね

その別荘ですが
フィレンツェの郊外にあって
建物自体もメチャクチャ大きいですが
礼拝堂やレモン畑もあるそうですよ

建物の写真がネットニュースの中にあります
モナリザゆかりの別荘
別荘の内部

お値段は、最低価格で1000万ユーロという事らしいですよ
えっ?
1000万ユーロを円に直すと幾らか?ですって
日本円にして約12億3000万円だそうです
もちろん、多くの人が欲しがると
お値段はもっと上がるみたいですよ

そういえば、
ついこの間の記事で
イタリアに家を買いたいって書きましたが
さすがに、こんな値段の家は買えないですよね
どんな人が買って住むんでしょうね?

以上
4月15日に生まれた
レオナルド・ダ・ヴィンチに関連するニュースでした


4 件のコメント:

  1. ダ・ヴィンチの誕生日だったんですね。
    ダ・ヴィンチが同性愛者だったなんてびっくりです。

    別荘のお値段はどんどん競り上がっていくような予感がします。
    お金って、あるところにはありますからね。

    リンク、飛んでみましたが立派ですね。
    どんな人が手に入れるんでしょうね。

    落札されたらきっとまた、大きなニュースになるでしょうね。

    返信削除
    返信
    1. 小町さん
      ダ・ヴィンチは同性愛の疑いで宗教裁判にかけられています
      ただ、証拠不十分で何も無かったみたいですが
      弟子とかは美少年が多かったらしいですよ
      最低価格が12億円ですからね~
      一体どれくらいの価格になるのか楽しみです(笑)

      削除
  2. 今日は、レオナルド・ダ・ヴィンチのお誕生日なんですね〜♪
    モナリザの旦那様の家?ですが(笑
    かなり 豪華ですね〜!
    しかも、お値段もすごいのですね(笑
    ちょっと、手が出ませんね…
    モナリザが住んで居たかもしれないですね(*^^*)


    返信削除
    返信
    1. yumeさん
      当時、絵を描いてもらう事が出来たのは
      裕福な家庭だったので
      その別荘も凄く豪華ですよね
      一応、旦那さんの別荘ですが
      多分、モナリザも暮らしていたでしょうね

      削除