2014/05/03

旅してみよう(2014年GW)

さぁ、いよいよゴールデンウイークがやって来ました
まぁ、早い人は、4月の後半から長い休みに入っている方もいると思いますが、
今日からGW後半戦ですね

長い休みを利用して、旅行に出かける人もいると思いますが
中には、仕事で旅行なんて行っている暇が無いって人もいると思います

そんな人の為に「旅してみよう」シリーズ復活です ( ^ω^ )

この「旅してみよう」シリーズですが、
ファンブログのイタリアンな日々primoで書いていた記事です

好評だったので戻って来ました
G.W中の記事なので一年ぶりになります

記事の内容的に、最近書いている
イタリア一人旅に似てますが、
一応、別物と考えて読んでくださいね(笑)

前回は、エミリアロマーニャ州を旅して来ましたが
その続きとして、今回はトスカーナ州を中心に旅してみたいと思います

まずは、トスカーナ州の州都「フィレンツェ」を旅してみましょう

フィレンツェの1番の魅力というか
これだけは見ておきたいって物はたくさんあります

まぁ、フィレンツェは、比較的、中心地に観光スポットが集まっているので
頑張れば1日で見て廻れますが
やっぱり、一泊はしてゆっくり見て廻りたい都市ですね

最初の見所としては、大聖堂です
このブログでも何度も写真を掲載しているので
見ている人は多いと思いますが
花の大聖堂とも呼ばれていて
中世時代を代表する建物ですね


Cupola del Brunelleschi (トリップアドバイザー提供)


Cupola del Brunelleschi (トリップアドバイザー提供)


Cupola del Brunelleschi (トリップアドバイザー提供)


Cupola del Brunelleschi (トリップアドバイザー提供)

この大聖堂と隣にある鐘楼は
登ることができるので
時間に余裕がある人には登って欲しいですね
(ただ、エレベーターはありませんので
体力に自信がある方に限りますw)


Giotto's Bell Tower (Campanile di Giotto) (トリップアドバイザー提供)

次に見たいのは、シニョーリア広場を中心にした地域です
この地域には、
ヴェッキオ宮殿とウッフィツィ美術館があります

ヴェッキオ宮殿の前には、有名なミケランジェロが作った
「ダヴィデ像」があります
但し、この像はコピーです
本物は、同じフィレンツェにあるアカデミア美術館にありますが、
美術館を廻っている暇が無いって人はこちらで満足出来ます(笑)


ウフィツィ美術館 (トリップアドバイザー提供)

そんなアカデミア美術館より先に見ておきたい美術館が
ウッフィツィ美術館です


ウフィツィ美術館 (トリップアドバイザー提供)

こちらの美術館には、
有名なボッティチェリの作品である
「春」や「ビーナスの誕生」などの絵があります


ウフィツィ美術館 (トリップアドバイザー提供)

もちろん、他のレオナルドダビンチやミケランジェロの作品もありますが、
個人的にお勧めというか、この美術館で1番好きな絵画は
フィリッポリッピさんの「聖母子と二天使」の絵です


ウフィツィ美術館 (トリップアドバイザー提供)

このウッフィツィ美術館は、人気で並ばないと入れない場合もあるので
なるべく、時間に余裕を持って行って欲しいです

続いて、次に見たいのは
ヴェッキオ橋ですね


Centro Storico (トリップアドバイザー提供)

フィレンツェにある橋の中で1番古い橋と言われていて
橋の上には、貴金属を扱うお店がたくさん並んでいます

かなり、高価な品物が多いですが、
見て廻るだけでも楽しいかもしれません


Centro Storico (トリップアドバイザー提供)

他にも紹介したい所はたくさんあるんですが、
あまり書くと、長くなってしまうので、
ここからは、みなさんお待ちかねの料理の紹介をしたいと思います

フィレンツェ名物と言ったら
フィレンツェ風ステーキです

お店によっては、自分で何キロって注文をします
注文する時の単位がキログラムなので、
その大きさが分かりますよね(笑)


トラットリア マリオ (トリップアドバイザー提供)

まぁ、骨付きの肉なので、
キロ単位と言っても、実際に食べる部分は少ないかもしれませんが、
実際に運ばれた時にはビックリすると思います
それでも、食べる時は、なぜかペロリと食べれるのが不思議なんですよね

で、ステーキに付ける付け合わせですが、
フィレンツェ風と言ったら、ほうれん草が付きます

なんで?ほうれん草なのかよく分かりませんが、
昔から、ほうれん草が名産なんでしょうね

ステーキ、ほうれん草と来たら
最後は、フィレンツェ名物の赤ワイン
キャンティクラシコのワインです


Casa del Vino (トリップアドバイザー提供)

流石に、
これだけ食べるとお腹いっぱいですよね

でも、食後のデザートは別と言うことで
最後にデザートを食べて
今日の旅はおしまいです


Dolce Lab (トリップアドバイザー提供)


イル ラティーニ (トリップアドバイザー提供)

明日も旅の続きを楽しみにしてくださいね



4 件のコメント:

  1. まゆみさん2014年5月3日 23:37

    大聖堂はいつ見てもゴージャスですね~
    これを作った職人さんたちってものすごい腕を持っていたんですね。
    鐘楼はどれくらいの階段があるのかな?
    私今度、金比羅山に行って
    1300段くらいある石段を登る気満々なんですけど!

    美術館も有名な作品が多く保管されているんですね。
    行ってみたいです。

    貴金属がものすごい~
    叶姉妹だったらぱぱっと買えるでしょうけどね・・・

    お肉がキロ単位!
    日本人の感覚をはるかに超えていますね・・

    返信削除
    返信
    1. まゆみさん
      この大聖堂は綺麗ですよね
      クーポラと呼ばれる円形の屋根が特徴なんですよね
      鐘楼は登っていませんが、大聖堂の屋根には登りましたよ
      大変でしたが、教会の内部とか見れるので、
      登っている途中は、楽しかったです(笑)
      肉の量はビックリしますよね

      削除
  2. GWなんの予定もないんで、
    ここで旅行気分~。
    建物の規模が違いますね。
    写真ですら圧倒されそうです。
    お肉がお皿からはみ出そうですね。
    でもそれを食べたあとでも、
    おいしそうなデザートは、あっさり食べちゃうと思います。

    返信削除
    返信
    1. 心姫さん
      GWの間は、この企画をする予定なので、
      イタリアに行った気になってくださいね(笑)
      確かに、お肉のボリュームは凄いですが、
      その次のデザートは別腹ですよね(笑)

      削除