2015/09/24

名探偵R(盗まれたケーキ)

さて、今週はサルデーニャ島の話題ばかりでしたが
今日はイタリアとは一切関係ない
名探偵Rさんのお話しです

今回は問題編になっていて
次回が解決編です

あるケーキ屋さんの豪華なケーキが盗まれるという事件が起きました
はたして、名探偵Rさんは事件を無事に解決できるのでしょうか?

それでは、どうぞ!



この作品はフィクションです。
実在の人物、団体、事件などにはいっさい
関係ありません

ここは、毎日が平穏な小さな町ですが
そんな町、始まっての大事件が発生しました

なんと、その町のケーキ屋さんから
ケーキが盗まれるという
町始まっての大事件が起きてしまいました

その大事件を解決する為にやって来たのが
お菓子が盗まれたと聞いては黙ってない!
名探偵Rさんです

そして、そのRさんの隣に居るのが
有能な助手であるガブリエル
ガブリエルは、頭脳明晰、容姿端麗で
助手にしておくのは勿体無いくらいの……
アイタッ!
(どこからか石が飛んで来た)
も、もとい
どこにでもいる様な普通の助手で
通称、ガブと呼ばれています

そのガブが情報を仕入れて来た所によると
盗まれたのは
豪華絢爛なイチゴのケーキで
ケーキ屋さんが一周年を迎えるという事で
特別に作った世界でたった一個だけのケーキだったそうです

ほんの数分ですが、
店長さんが目を離した隙に
何者かにケーキが盗まれてしまいました

その豪華なケーキですが
ケーキの存在を知っていたのは
ライバル店の店長 ピエールさん
常連さんのピアノの先生 響子さん
そして、
スイーツ好きの大工の源さんです

「と、いう事で
容疑者はこの三名の誰かという事になりますよね
Rさん?」

「この三名以外にケーキを知っていた人はいないのね?」

「ハイ、そうです
ケーキ屋の店長さんによると
町の人を驚かそうと思って
内緒にしていたらしいんですが
仲の良かった三人には
つい口を滑らせてしまったそうです」

「その三人が、別の人に情報を漏らした可能性は?」

「それは無さそうですよ
情報を漏らすと
当日に自分の取り分が減ってしまうと思って
他の人には一切話さなかったらしいです」

「容疑者の三人の情報は?」

「ハイ、まずライバル店のピエールさんですが
ケーキが盗まれたと判明した時間帯は
自分のお店で新作のデザートを作っていたそうです
ただ、一人で作っていたらしくて
作っている最中のアリバイを証明してくれる人はいませんでしたが
ただ、デザートが完成してすぐに
従業員にデザートの味見をお願いしたそうです
従業員は、見た目も綺麗で
とっても美味しいスフレだったと証言しています
その味見をした時間を考えると
アリバイは有ると思っても良いかもしれません

そして、
ピアノの先生ですが
こちらはケーキが盗まれた時間帯に
ピアノの練習をしていたらしく
周りの住人がピアノの音を聞いています
教会で聞く音色みたいで
とっても上手だったそうです

で、最後の大工の源さんですが
日曜大工が趣味で
この日も自分の家の棚を作っていたそうです
もちろん、完成した棚もありましたし
材料はその日の朝に買いに行って
作っている時の木を切る音や釘を打つ音を
これまた、周りの住人が聞いています

以上が容疑者に関する情報ですが
全員が何かしらアリバイがあるみたいですね」

「確かに全員がアリバイがあるように見えるわね
でも、この名探偵Rさんの目はごまかせないわよ」

「えっ?
これだけの情報で犯人が分かってしまったんですか?」

「当たり前でしょう!
私を誰だと思っているの
ただ、ハッキリとした証拠が欲しいわね
それぞれのアリバイで使われた
デザートとピアノの音
そして、棚をここに持って来なさい!」

「えーーーーーっ!
デザートはともかく
ピアノの音とか無理ですよ
それに、棚だって重くて大変なのに〜〜〜〜」

しかし、Rさんの命令は絶対なので
数時間後には証拠品を揃えて持って来ました

「ハァ、ハァ、ハァ
こ、これで全部です
この棚、めちゃくちゃ重くて
その日も備付けるのに
数人に手伝ってもらったそうですよ

それと、ピアノの音ですが
たまたま、隣の人が録音されていたので
そのテープを借りて来ました
時報の音も入っているので
間違いなく、犯行時間の音です

そして、デザートですが
スフレって事で時間が経って潰れてしまっていますが
当時と同じ作り方をして貰いました」

「やっぱり、私の考えは間違ってなかったわ!
犯人はあいつよ!」

つづく
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、久しぶりの名探偵Rさんです
多分、これで犯人の推理は出来ると思うんですが
もしダメっていうか
自分が考えた以外にも選択肢があったらゴメンナサイ(笑)

まぁ、間違いなく犯人は
三人の内の誰かなので
確率は三分の一って事で
皆さんも考えてみてくださいね


8 件のコメント:

  1. ケーキの事件だもんね
    Rさんの勘も冴えると思うよ
    あの人じゃないのかな。。。

    りょうちゃん

    返信削除
    返信
    1. りょうちゃんさん
      ケーキですからね
      気合いの入り方が違うでしょうね(笑)
      犯人は誰かなぁ~?

      削除
  2. ダメだ~、今回ダメかも。
    胸を張って犯人を言える根拠が薄い~。
    答えが掲載されるまで、もうちょっと考えます。

    返信削除
    返信
    1. 心姫さん
      今回の話は、ちゃんとした証拠って無いと言えば無いんですよね
      もう少し、自分が描写出来たら良いんですが、
      今の所、これが限界です(笑)
      解決編を公開したので読んでみてくださいね

      削除
  3. たぶん。。だと思うな
    でも、心姫さんと同じだわ
    わかった!って断言できる根拠がね~

    返信削除
  4. あ、ちょっとまって
    わかった♪

    返信削除
    返信
    1. 蓮見さん
      分かっちゃったかな?
      もう少し詳しく書けたら良かったんですが
      やっぱり、小説って難しいです(笑)
      当たっているかどうか
      解決編楽しみにして読んでくださいね

      削除
  5. まゆみさん2015年9月25日 23:24

    まだ解決編は見てないですよ~♪

    たぶんピアノの先生だと思います。
    たまたまにしても、わざわざ録音するっていうのはアリバイ作りとしか考えられないです。

    さてと、解決編を見てみましょう。

    返信削除