2016/12/10

週末レシピ番外編(パネトーネ)

今回の週末レシピは、番外編という事で
イタリアのクリスマスには欠かせないデザート
panettone(パネトーネ・パネットーネ)のレシピです

このパネトーネですが
イタリアでは作るより買って来る方が多い感じですね

自分が働いていたレストランでも
普通は手作りのデザートを出していたんですが
パネトーネだけは他のお店で買っていました

家庭で作る事も出来るんですが
パネトーネを作るにあたり
大事な事があります

それは
「パネトーネ種」と呼ばれる酵母を
使わないといけないからです

そんなイタリアでも滅多に手作りしないパネトーネですが(笑)
日本で作る事も可能みたいです

パネトーネ酵母ですが
日本でも買う事が出来るみたいです

価格:315円
(2016/12/10 23:38時点)
感想(0件)



あと、
完成品の風味とかは微妙に違いますが
酵母無しでも作る事が出来るそうです

自分は、作る事は無いと思いますが(笑)
興味がある方の為にレシピを紹介したいと思います

材料
強力粉 300g
卵 3個 
牛乳 (卵と合わせて)300g
砂糖 60g
溶かしバター 60g
イースト 8g 
もしくは、パネトーネ酵母
(パネトーネ酵母を使う場合はイーストの三倍ほど必要らしいです)
塩 3g
ラム酒漬けレーズン100g
(好きなドライフルーツを入れてもOK)

作り方ですが、
卵を割って牛乳と一緒にして300gにします

そこに、砂糖を加えて
湯煎にかけながら40°位の温度で混ぜます

綺麗に混ざったら
イーストを加えて少し待ちます(1〜2分位)

続いて
塩を混ぜた強力粉をダマにならない様に混ぜ合わせます
綺麗に混ざって滑らかになったら
溶かしバターを加えて混ぜて
ラップをして1時間ほど発酵させます
(温度は、30〜35°位が発酵しやすいです)

最初の発酵が終わったら
レーズンを加えて混ぜ合わせます
空気も抜いて、また滑らかになる位混ぜます

続いて
パネトーネ型って呼ばれる容器に入れるんですが
手に入らなければ、マフィン型とか
オーブンに使える容器ならOKです(笑)

容器の半分くらいまで生地を入れて
また、しばらく発酵させます

発酵が進んで、生地が膨らんだら
200°に温めたオーブンで
20分ほど焼くと完成です


イタリア伝統のクリスマスケーキ
「パネトーネ」
機会があれば作ってみてはいかがでしょうか?(笑)


2 件のコメント:

  1. ドイツのシュトーレンより、
    柔らかそうですね~。
    こう見ると、日本みたいなゴテゴテのクリスマスケーキ、
    ヨーロッパは無いんですね。
    なんかそれって不思議というか、
    日本はもしかしてやり過ぎ??

    返信削除
    返信
    1. 心姫さん
      たしか、シュトーレンは固めですよね?
      パネトーネはふんわりふかふかですよ~(笑)

      フランスのブッシュドノエルがクリームが使ってありますが
      基本的には、木の枝(幹)を表現しているので
      日本みたいな豪華なケーキって珍しいと思いますよ

      削除