2017/05/31

危機管理ガイドライン

文部科学省が海外留学に関する
危機管理ガイドラインを公表しています

日本政府は2020年までに
海外留学の人数を
現在の6万人から12万人までにしたいと発表しています

ただ、海外留学の人気が増えると
それに伴い、
海外で事件に巻き込まれる件数も増えているそうです

特に、ここ近年では
国際組織によるテロなども起きているので
常に危険と隣り合わせですよね

とは言っても
自分もイタリアに留学というか
住んでいた事があるので
海外に住む事は良い人生経験になるんですよね
日本では味わえない
様々な事があります

なので、是非、
機会があれば海外留学には行って貰いたいと思っています

で、今回の危機管理ガイドラインですが
「自分自身で身を守る」って項目と
「大学における危機管理」という項目に分かれていて
その中でさらに細かく分かれています

最低限の事が書かれているので
留学する方はチェックしてみてください

ここからは、自分の意見なんですが
海外留学で注意する事は"慣れ"だと思います

誰でも最初は注意しながら生活すると思うんですが
1週間、2週間
さらに
1ヶ月、2ヶ月と過ぎて行くと
その生活に慣れてしまい
自分が危険な海外に居るって事を忘れてしまうんですよね

別に、慣れる事は悪い事ではないと思うんですが
常に頭のどこかに危険な海外に居るって事を意識して生活して貰いたいです

他には"習慣"ですかね
ある程度習慣付けも大事だと思います

例えば、
大金を持ち歩かないとか
海外でもATMで日本の口座からお金を下ろす事は出来るので
必要な時に必要なだけのお金を持つ様にした方が良いと思います

あと、似た感じなんですが
貴重品も持ち歩かない
パスポートとかもコピーを持って
パスポートの本体は部屋などの分かりにくい場所に隠して置く
としていた方が良いと思います

以上
慣れと習慣に気を付けて貰いたいですね

これは、あくまで個人的な意見なので
今回の危機管理ガイドラインや
他の留学された人の意見や
現地の日本人の話などを参考にして
楽しい海外留学を送って下さいね


2 件のコメント:

  1. 私は海外への渡航経験がないので、
    留学とか、どうしても怖いイメージがあります。
    特に、場所によっては治安が不安定な地域もありますしね。
    まぁ、日本が100%安全とは言えませんが・・・。
    それでも、やっぱり日本が1番安心なのは、生まれた国だからですね。

    返信削除
    返信
    1. 心姫さん
      確かに、日本も安全とは限らないですが
      生まれ育った国なので生活はやりやすいですよね

      最近は、短期(一週間~)の留学もあるらしいので
      まずは、そんな感じから始めると気楽で良いかもしれないですね(笑)

      削除