2017/05/07

旅してみよう(カンパーニャ州料理)

さて、今年の旅してみようシリーズも終わりですね
最終日の今回はナポリがある
カンパーニャ州の伝統料理を紹介したいと思います

まぁ、ナポリと言えば
皆さん大好きなピッツァ(ピザ)ですよね(笑)

ピッツァはナポリが発祥と言われていて
イタリアの国旗の三色を使った
マルゲリータピッツァは
トマト、モッツァレラチーズ、バジルを使ってあります


他には
ピッツァマルゲリータと同じ材料で作った前菜
カプレーゼも有名ですね
トマトとモッツァレラチーズのサラダとか呼ばれます

カプレーゼは名前の通り
カプリ島が発祥らしいです


あとはやっぱり
港町なので魚介を使った料理も多いみたいです

スパゲティに魚介のトマトソースを合わせると
スパゲティ・ペスカトーレ(漁師風パスタ)ですね

そう言えば
イタリア料理=トマトって感じですよね(笑)
そのトマトは南イタリアが特産です

もちろん北イタリアでも使われていますが
トマトと言えば、南イタリア(ナポリ)です

イタリアのトマトと言うと
細長いサンマルツァーノ種が主流です


あとは、カプリ島特産のレモンを使ったリキュール
リモンチェッロも有名です

甘口のリキュールなので
冷凍庫でキンキンに冷やして飲むのが特長です
アルコール度数が高いので
冷凍庫に入れても凍りません(笑)

価格:1,480円
(2017/5/7 23:56時点)
感想(13件)


以上
簡単ですが
ナポリ(カンパーニャ州)の名物料理の紹介でした

現地のナポリで食べるのが一番ですが
最近は日本でも本格的なピッツァのお店とかあるので
料理に関してはイタリアまで行かなくても堪能できそうですよね(笑)

それでは、来年のGWの旅してみようシリーズもお楽しみに〜(笑)


2 件のコメント:

  1. イタリアのトマトって細長いー!
    知らなかった~パプリカっぽいですね
    卵とトマトを合わせた料理にエーって驚いたのも今は昔。
    今じゃナンにでもホイホイいれますね

    ピザで一番はやっぱマルゲリータ(・∀・)!!

    返信削除
    返信
    1. 蓮見さん
      イタリアでは火を通して食べる事が多いので
      サンマルツァーノ種が合っているみたいですね
      皮が厚くて硬いので逆にサラダとかには向いてないみたいです
      サラダの時は、日本と同じ様な丸いトマトを使いますよ

      削除