2015/03/16

イタリア王国建国記念日

3月17日は
現在のイタリア共和国の前身の
イタリア王国が誕生した日らしいです

1861年の3月17日に
初代国王ヴィットリオ・エマルエーレ二世の元に誕生しました

元々、ヴィットリオさんは
それ以前から存在していた
サルデーニャ王国の国王でした

当時、ヨーロッパではまだ領地争いとして
戦争が絶えない時代でしたが
そんな時代にヴィットリオさんが
ほぼ現在のイタリアの領土を治める事に成功し
初代のイタリア王国の国王になりました

イタリア初代国王という事で
ヴィットリオさんの名前は
イタリア各地に残っています

例えば
自分がローマに行った時に見た建物の
ヴィットリアーノも
ヴィットリオ・エマルエーレ二世さんの功績を記念して造られてます


もちろん、その他にも
道の名前になっていたり
広場の名前になっていたりしています

ただ、イタリア王国としては
その後も領地拡大の乗り出して
一時はアフリカのエチオピア周辺も植民地として獲得していました


エチオピアって名前を出しても分かりにくいので
地図で調べてみるとこんな離れた場所でした(笑)

で、こんな所まで勢力を拡大していたイタリア王国ですが
調子に乗りすぎたんでしょうね

第二次世界大戦に負けて
拡大した領土は返還させられて
現在のイタリアと同じ位の領土になってしまいます

そして、その後
国民投票が行われて
王政廃止の決議案が可決されて
現在のイタリア共和国が誕生します

王国としては
約85年間ですが
このイタリア王国が無ければ
現在のイタリア共和国も誕生しなかったかもしれませんね

ところで
ヴィットリオ・エマルエーレ二世さんの子供達というか
元国王の子孫ですが
以前、テレビを見ていると
現在はスイスで暮らしているみたいです
ちなみに、職業はイケメンモデルでした(笑)




2 件のコメント:

  1. まゆみさん2015年3月17日 0:25

    エチオピアはイタリアの領土だったんですね。
    太平洋戦争で日本が宣戦布告をしたのは
    アジアを欧米諸国の植民地解放を求めてのことだったと
    ある本で読んだことがあります。
    イタリアとドイツと同盟を結んだのは、
    イタリアとドイツだけが植民地を持たない国だったからだと。
    だから敗戦国でありながら、アジア各国は日本に感謝していると。
    戦争だったのだから仕方ない。
    しかし日本はアジアに対して進むべき道を指し示してくれた、と。
    でもエチオピアはアジアではありませんしね。
    まぁ、歴史というのは人や国によって様々な解釈がありますからね。

    返信削除
    返信
    1. まゆみさん
      当時、ヨーロッパ諸国は世界中に植民地を増やしていましたからね
      でも、戦争や暴力で解決は良く無いですよね
      イタリアって古代ローマ時代から
      領土を拡大したり、無くしたりと忙しい?土地柄なんですよね

      削除