2015/03/24

Ciliegio(チリエージョ)

先週末はちょっと暖かくなって
各地で桜の開花宣言がありました

ちょっと、今週に入ると肌寒くなって来ましたが
そろそろお花見の計画を立ててらっしゃる方もいると思います

そんな「桜」ですが
イタリアにも咲いています
イタリア語で桜は「Ciliegio」(チリエージョ)って言います

ただ、日本みたいに
桜の並木道とかは無くて
ところどころにポツンポツンとある感じです

なので、多分住んでいる近くにも
桜が咲いていたかもしれませんが
イタリアに居る時には
桜の花なんて全然気が付きませんでした(笑)

あと、この春先の季節は
イタリアでは雨が多い気がするんですよね
だから、あまり外を出歩くって事も少ないし
出歩いても町の中市街が多いので
桜なんて見た事はありませんでした(笑)

もし、近いうちにイタリアに旅行する機会がある方は
イタリアで桜の花の花見なんて言うのも良いかもしれませんね

ちなみに「サクランボ」は「Ciliegia」(チリエージャ)です

面白いのは
桜の木や花はCiliegioって男性名詞なんですが
サクランボはCiliegiaって女性名詞になっているんです

確かに、サクランボって女の子のイメージですよね(笑)

ついでに
他の花のイタリア語も紹介しますね

梅の木  Prunus(プルーヌス)
梅の実  Prugna(プルーニャ)
チューリップ  Tulipano(チュリパーノ)
菊  Crisantemo(クリサンテーモ)
なでしこ  Granofano(グラノファーノ)
椿   Camelia(カメーリア)
紫陽花  Ortensia(オルテンシア)

以上
適当に思いついた花を調べてみました
もし、こんな花の名前が気になるってあったら
コメント欄に書いてもらったら
頑張って辞書を引いて調べます(笑)


4 件のコメント:

  1. まゆみさん2015年3月24日 23:48

    チェリーブロッサムというくらいなので、
    チリ・・・というのはわかるような・・?

    実と花で冠詞が変わるんですね。
    面白いですね。

    >もし、こんな花の名前が気になるってあったらって・・
    梅とか菊とか椿とか、そういう花は紹介されているしなぁ~
    じゃあ、いっちょ花札の花で、藤、萩、牡丹、この辺りはどうでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. まゆみさん
      自分も今回調べて
      木や花、実で男性・女性って変わるって初めて知りました
      早速、辞書で調べてみましたよ
      藤 Glicine(グリチネ)
      萩 Lespedeza(レスペデーザ)
      牡丹 Peonia(ペオニア)です

      削除
  2. まゆみさん2015年3月26日 0:38

    わざわざありがとうございます。
    イタリアにも菊とか牡丹とかがあったなんてちょっとびっくりでした(笑
    日本にはカタカナの花が多いので輸入したものが多い感じがしますし、
    柿は kaki だということを思えば漢字の花も
    実は海外にもあったということなんですね。

    返信削除
    返信
    1. まゆみさん
      実際に咲いているかどうかは分かりませんが
      ちゃんと?単語はありました
      でも、日本とイタリアって気候的にそんなに変わらないと思うので
      似たような花は咲いているかもしれませんよ(笑)

      削除