2017/08/27

世界三大劇場

さて、今日の記事は
世界三大◯◯の紹介です

今回紹介するのは
世界三大劇場です

劇場とは
オペラとかバレエとかコンサートを
観客の為に見せる為の場所ですね

今回は、そんな劇場を紹介します

まず、最初は
パリのオペラ座ですね


名前にオペラって付いている事から分かる通り
オペラの公演が主に行われています

1875年に建てられて
設計したのが
シャルル・ガルニエさんという事で
ガルニエ宮とも呼ばれるそうですよ

続いて
テアトロ・コロンと呼ばれる劇場です

こちらは
アルゼンチンのブエノス・アイレスに建っています


残念ながら
外観の写真が見つかりませんでした

1908年に建てられて
最初に演じられた項目は
イタリア人作曲家の
ジュゼッペ・ヴェルディのアイーダだったそうです

そして
最後の3つめが
イタリアミラノのスカラ座です(笑)

残念ながら
現在のスカラ座は二代目で
初代のスカラ座は火事で焼けてしまっています


ちなみに、名前の由来は
建てられる前に
教会が建っていて
その名前がサンタ・マリア・アラ・スカラ教会で
そこから名前を取ったそうです

以上が
世界三大劇場なんですが
他にも
世界三大歌劇場って物もありました(笑)

歌劇場は
オペラやバレエの上演が主に行われる場所です

この世界三大歌劇場ですが
ウィーン国立歌劇場
メトロポリタン歌劇場
そして
なんと!
ここにもミラノのスカラ座が入ります

スカラ座は
劇場も歌劇場も両方の世界三大に入っている素晴らしい劇場ですね(笑)

以上!
世界三大劇場と
世界三大歌劇場の紹介でした




2 件のコメント:

  1. さすがにこれには日本のものはないんですね~。
    宝塚の劇場は入らないか・・・。
    こういうのはやっぱり、ヨーロッパですね~。

    返信削除
    返信
    1. 心姫さん
      オペラに関しては
      ヨーロッパと比べると日本の歴史はまだまだですからね
      でも、世界三大〇〇は時代と共に変化する事もあるので
      もしかすると、宝塚も入る可能性はありますよね(笑)

      削除