2017/08/28

アルプスで事故が相次ぐ

日本でも山の事故が多いですが
イタリアでも登山の最中の事故が多発しているそうです

イタリアのアルプス山脈には
アダメッロ氷河と呼ばれる
イタリア最大の氷河があるそうなんですが
そこで転落事故が起きたそうです



9人で、
お互いをロープに繋いでいたそうなんですが
最後尾のメンバーが足を滑らせて転落
すると、他のメンバーも引きずられて転落してしまったそうです
二人が死亡して、他のメンバーも重傷者がニ名いるそうです

別のオーストリアに近い山でも
6人が転落して5名が亡くなったそうです

氷河で有名な場所だけあって
日本からもツアーが組まれたりするそうなんですが
ヨーロッパアルプスの山々は
かなり急な斜面が多いらしいので
訓練というか
ある程度のベテランにならないと
登山は難しいそうです

登山ブームで
健康的に山に登って運動とかするのは良い事ですが
ある程度の標高がある山は
危険と隣り合わせなので
登る際は注意して欲しいですね


4 件のコメント:

  1. りょうちゃん2017年8月29日 0:03

    最近は、想定外の事が多いので
    自然を相手にする時は
    ちょっと怖いよね

    返信削除
    返信
    1. りょうちゃんさん
      今日も自然の事ではないですが
      想定外の事が起きましたね
      最近は次から次に問題が起こる感じですね
      ほんと、普通に生活していても怖いですよね

      削除
  2. 氷河は滑りやすい上に硬いので、長い距離を滑落する間に
    硬い氷に強打して、命を落とす可能性も高くなりますものね。
    それにしても、最後尾の人が滑落するのを、上のメンバーで
    支えきれないっていうのは、どうなっていたのでしょうね。

    日本でも、ハイキング気分で登山に行くご老体がいますが、
    遭難したら、大勢の人に迷惑や危険を課すことになるという点を
    自覚して行動して頂きたいと思います。

    のんびり屋さんは登山の経験はないですが、
    讃岐こんぴらさんの裏参道(山道)を
    歩く程度です。(*^^)v

    返信削除
    返信
    1. のんびり屋さん
      登山ブームで山に登るのは良いですが
      遭難とかして周りの皆さんとか
      救助隊とかに迷惑をかけるのは止めてもらいたいですよね
      まずは、近くの標高の低い山とか
      軽いハイキングとかである程度
      練習して登ってもらいたいですよね

      削除