2016/07/21

一人旅(フランス・1日目・前編)

さて、前回書いた様に
今回からフランス編に突入です

イタリアからフランスに入るには
大きく分けると二つの道があります

まずは、これまで自分がフランスに行く時に使っていた
モンブラントンネルを抜けて行くやり方です

しかし、今回は別の道を選びました
今回の旅は、公共機関を使って移動する事にしたので
電車が走っている南フランスの方に行くやり方を選びました

ただ、主発地点のアルバから
南仏行きの電車が走っている所まで行くのが大変なんですよね

でも、一緒に行く事にした
日本人の方が働いていたレストランのオーナーが
ジェノバまで行く予定があるから
そこまで連れて行ってあげる
ってありがたいお言葉を頂いて
甘える事にしました(笑)

このオーナーさんのお店は
自分も短期で働いていたので
お世話になりっぱなしです

で、オーナーさんの都合に合わせて
お昼頃の出発になりました

本当ならもう少し早く出発したい所ですが
送ってもらうのにわがままは言えませんからね(笑)

レストランの前で集合して
ジェノバの駅まで送ってもらい
まずは、イタリアの端の方にある
ヴェンティミリアという町までの切符を買いました


いきなり、フランスまでの切符を買う事も出来たんですが
全然計画を立てて無かったので
ヴェンティミリアに着くまでに考えようという事で
まずは、イタリア国内のヴェンティミリアまで行きました


ヴェンティミリアも
旅の途中で途中下車したくなるくらい
とっても素敵な町ですよ


ただ、今回の目的地はフランスなので
ヴェンティミリア行きの電車の中で
最初の目的地を考えた結果
アンティーブという町にしました

アンティーブ?
って初めて聞く方も多いと思います
と、いうか自分もその時に初めて知りました(笑)

選んだ理由ですが
南イタリアの海岸線は
コートダジュールと呼ばれていて
モナコ王国やニース等世界的な観光地として有名です

そんな、セレブ御用達の街だと
宿泊費やレストランなど
値段が高いだろうと思い
比較的、馴染みがなさそうな町を選んだんです

ただ、後から知った話なんですが
世界的にはあまり知られて無いですが
フランス人には大人気の観光地(避暑地)らしいですよ(笑)

いざ、イタリアのヴェンティミリアから
フランスのアンティーブまで出発です


と、いうところで
1日目の前半は終わりです(笑)

明日は、フランスに入る所からの続きになるので
明日もお楽しみに~


2 件のコメント:

  1. ヴェンティミーリアって今までに聞いたことがなかった地名ですね。

    コートダジュールは聞き覚えがありますが
    海岸線のことだったんですね。
    知りませんでした。

    アンティーブってフランス人には大人気の避暑地なんですね?
    同じ大陸だと、行き来がしやすそうでいいですね。

    日本という島国にしか住んだことがないので
    隣国とのお付き合いってどんなものなのか
    興味がある反面ちょっと怖くもあります。

    日本の隣国は反日感情を持っているだけに・・

    フランスでの思い出の続きを楽しみにしていますね(^^♪

    返信削除
    返信
    1. 小町さん
      国を挟んでフランス側は世界的な観光地なんですが
      逆にイタリア側の方はあまり知られて無いですもんね(笑)

      確かに、国が大陸続きなので移動がしやすくて良いですよね
      ただ、自由に行き来出来るって事が
      最近では難民問題も引き起こしてして
      必ず、よい事ばかりではなさそうですね

      削除