2016/07/13

南イタリアで列車事故

イタリアの南部に位置するプーリア州で
列車の衝突事故が起きてしまいました

12日の午前11時30分頃に
コラートとアンドリアと言う駅の間で
4両編成の車両同士が正面衝突してしまいました

現地では、かなり混乱しているみたいで
当初は、死者10人負傷者50人と報道されていましたが
現在では、死者の数が27人になっています

単線の路線を
なぜか、二台の列車が向き合う様に走行したそうです
理由は今のところはっきりしてないみたいです

列車は、イタリア国鉄では無くて
民間の鉄道会社みたいです

かなり、衝撃的な衝突事故で
お互いの列車の先頭車両が完全に壊れてしまっています

詳しい情報が入ったら
また、お知らせしたいと思います

それと、世界中でニュースになっていて
アメリカのBBCテレビの動画があったので
それを貼り付けておきますね



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それと、もう一つ
イタリアのニュースを紹介します

南イタリアのナポリ近郊の町で
役所の職員が逮捕される事件が起きました

逮捕された理由ですが
「ズル休み」です(笑)

タイムカードを押した後で
職場から退出したり
同僚が代わりにタイムカードを押したりしていたそうです

逮捕された理由も驚きですが
なんと!その人数にも驚きです

その数
23人です!

役所の約半分の人間がズル休みをしていたそうです
職員が半分逮捕されたという事で
仕事がはかどらなくなってしまい
業務を停止する状態になってしまったそうです

最近では、イタリアでも
ズル休みに関して取り締まりが厳しくなっているらしいです
でも、取り締まりが厳しくなったって
お金を貰って働いているんだから
仕事はキチンとやってほしいですよね
しかも、役所って事で市民の税金が使われているだろうし

ただ、役所の仕事って事に関していうと
さすがに、約半分がズル休みまでは無いかもしれませんが
日本のお役所でも起きる可能性もあるので
キチンと取り締まりは強化して欲しいですね

こちらもニュースの動画を張り付けておきますね
こちらは、イタリア語なので言葉はわかりにくいかもしれません

途中、段ボールを被った人が現れますが
監視カメラがあることを知って、顔を隠しているみたいです




2 件のコメント:

  1. 列車事故のニュースを見て、私もびっくりしました。
    双方4両編成なのに、まともに残っているのは
    双方後方の2両ずつで、双方先頭の4両分が・・・
    一方の列車が手前の駅で、待っているべきところを
    走り出したとか、記事で読みました。

    役人のズル休みは、給与搾取ですね(-_-;)
    なんだか、大学の講義の出席カードを、
    友達に出してもらっているのと同じ感じです。
    約30年前の大学時代を思い出します。
    (のんびり屋さんはしてませんよ(@_@)ホント)

    返信削除
    返信
    1. のんびり屋さん
      駅長が間違えて発車の指示を送ったみたいですね
      普段は、2台しか走らない所を
      その日は、3台走っていて、時間が遅れていたそうです
      とは言っても、きちんと確認しておけばこんなことにはなってなかったはずですよね

      役所は、考え方が学生と一緒ですよね(笑)
      政治というか、税金は
      市民の大事なお金なのでよく考えて大切に使ってほしいですよね

      削除