2016/07/02

サルサ・トンナート

今回の週末レシピですが
以前書いていたブログ
「イタリアンな日々primo」からの
復習レシピです

まぁ、正直なところは
ちょっと時間が無くて手抜き記事って事なんですけどね(笑)

それはさて置き
今回は「サルサ・トンナート」という料理です

サルサは、ソース
トンナートは、マグロの〜
って意味なので
合わせると
マグロのソースって事です

ただ、ここで言うマグロはツナ缶の事です(笑)

要するに
ツナ缶を作ったソースって事で
材料はこちらです


ツナ缶
マヨネーズ
ケッパー
生クリーム
です

ケッパーって聞き慣れない人もいるかもしれませんが

作り方は
全部の材料をミキサーにかけるだけです(笑)


これで、サルサ・トンナートの完成です(笑)

通常というか
イタリアでは、仔牛肉の料理に良く使われます

ただ、日本だとそんな簡単に仔牛肉って手に入らないですよね(笑)
なので、
仔牛肉と同じ様なアッサリしたお肉が合うと思います

以前作った時は
鳥のササミ肉を使ってましたね


味ですが
お肉はアッサリしてますが
逆にソースが濃厚なので
両方を補ってとっても美味しいです

個人的に
海の物(マグロ)と山の物(肉)を合わせる料理って苦手なんですが
なぜかこの料理だけは好きなんですよね〜(笑)

ちなみに、このサルサ・トンナートのソースですが
冷たい料理にも使えるし
温かい料理にも使える
万能ソースなんです

みなさんも
お肉はもちろん
魚やお肉の料理に使ってみてくださいね

ただし、ソースを温める場合は
温めすぎるとソースが分離してしまうので
常温より少しだけ温かいって感じが良いかもしれません

では、今回のワインですが
このサルサ・トンナートは
北イタリアのピエモンテ州の料理です

ピエモンテ州は、周りに海がないので
ツナ缶を使った料理が出来たんでしょうね

さて、そんなピエモンテ州を代表する白ワインがこちら
「ロエロ・アルネイス」です

すっきりした味わいが特徴のワインなんですが
お値段がかなり良い値段なんですよね(笑)

ただ、今回紹介している
ブルーノ・ジャコーザってワイナリーなんですが
イタリア国内だけではなく
世界中に名が知られたワイナリーなので
興味がある方は
ぜひ一度飲んでみてください

価格:3,218円
(2016/7/2 23:19時点)
感想(0件)




0 件のコメント:

コメントを投稿