2018/08/10

聖骸布は拷問による血の跡?

みなさん「聖骸布」(せいがいふ)ってご存知ですか?
キリスト教の聖遺物の一つで
イエス・キリストが磔にされた後
キリストの死体を包んだ布の事です

現在、その聖骸布は
イタリアのトリノの教会にあるんですが
本物なのか?偽者なのか?
の議論がずっと続いています


今回、聖骸布に付着した血液は
拷問により苦しんだ人の血液だと言う事が分かったそうです

詳しい事は省きますが
強い殴打などを受けると「ビリルビン」という成分が出るそうなんですが
そのビリルビンが聖骸布から検出されたそうです

聖骸布に関しては
布に付着した血液も偽物って説もあったんですが
血に関しては本物らしいです

ただし、確実に本物だと考える事も難しいみたいです
イギリスの大学による研究結果によると
イエスキリストが槍で突かれた出血状況と
聖骸布に残っている血液を調べると一致しないそうです

なので、イギリスの大学の考えは
中世時代に作られた偽物って結果だそうです

この聖骸布ですが
通常は一般公開されていないので見る事は出来ないんですが
数年に一度だけとか特別公開の日があります

ちなみに、レプリカは公開してあって
いつでも見れるみたいですよ(笑)


0 件のコメント:

コメントを投稿