2018/08/04

カルチョフィの詰め物

今週の週末レシピですが
前回に続いてカルチョフィ(アーティチョーク)を使った料理です

今回は、カルチョフィに詰め物をしてみました(笑)
中に詰めたのは「ツナ」です

シチリア風カルチョフィの詰め物だと
マグロを使うそうなんですが
ツナ缶もマグロなので一緒ですよね(笑)



今回使ったカルチョフィは冷凍なので
事前に解凍しておきます

充分に解凍できたら
下の茎の部分を安定させるために平らに切ります
続いて、中心部分を指で広げます



カルチョフィを広げたら
塩を軽く振って下味をつけます

そして、ここに詰め物をするんですが
ツナ缶は塩コショウであらかじめ味をつけておきます
先ほど切ったカルチョフィの茎の部分も
みじん切りにしてツナに混ぜました



フライパンで焼いていきます
綺麗に並べてから
オリーブオイルで軽く火を通します

続いて、トマトソースを加えて
蓋をして蒸し焼きにして行きます


耐熱皿に入れて
オーブンで焼いても美味しそうですね(笑)

充分に火が通ったら
お皿に盛り付けて完成です




早速食べてみると
先週のパスタに比べると
カルチョフィがそのままなので
風味とか抜群でした(笑)

カルチョフィが好きな人は
こっちの食べ方の方が良さそうですね

ツナとの相性も良くて
アッという間に食べてしまいました

先週も書きましたが
カルチョフィって日本ではなかなか見かけないんですが
独特のクセが美味しいんですよね
ぜひ、一度食べてもらいたい食材の一つです

価格:2,970円
(2018/8/4 22:59時点)
感想(0件)

今週のワインですが
北イタリアのワインを紹介したいと思います

ピエロパンのソアーヴェです

ソアーヴェはイタリアを代表する白ワインなんですが
一番の特徴として「安い」というのが定番でした

要するに
安いけど味はいまいちってワインが多かったんですが
ピエロパンというワイナリーは
その定説を覆すソアーヴェを作りました

一般的なソアーヴェは1000円以下とか
1000円前半の価格帯が多いんですが
ピエロパンのソアーヴェは1000円台後半なので
気持ち高いですね(笑)

でも、味はそれに見合うだけというか
それ以上の美味しさです

ソアーヴェのワインを飲んで
「あんまり美味しくないなぁ~」って経験がある方は
ぜひ、ピエロパンのソアーヴェを飲んでみてください
ソアーヴェに対しての感想が変わると思いますよ(笑)

価格:1,728円
(2018/8/4 23:18時点)
感想(0件)





2 件のコメント:

  1. これは素敵メニューですね~。
    ますます食べてみたくなりました。
    今は安いワインが多いんで、1000円台後半でも、
    若干高く感じますよね~。

    返信削除
    返信
    1. 心姫さん
      中に詰め物をするだけでオシャレに見えますね(笑)
      今回は「ツナ」でしたが
      お肉(ミンチ)とかで作っても美味しいと思いますよ

      確かに、ワインも1000円以下とか飲める物も多いですからね
      それに比べると割高ですが
      でも、このワインはそれだけの価値があると思いますよ

      削除