2016/08/02

一人旅(フランス・2日目・後編)

さて、昨日の記事の続きで
ゴッホが愛した街「アルル」に到着した後の話です

いざ、アルルに着くと
古代ローマ時代の円形闘技場があったり
レンガ作りの街並みも
イタリアの茶色い色使いとは違っていて
明るめの色で
さすが、ゴッホが愛した街だなぁ~って感じでした


で、街を散策していると
ゴッホの絵のモデルになった
街の広場に出ました

オープンテラスのBarがあって
ゴッホの絵はそんなに詳しく無かったんですが
絵は見た事があって
その絵の通りだったので
物凄く感動しました


ただ、そのBarの反対側をみると
広場には似合わない
木で出来た変な囲いが出来てました

この木の囲いが
自分にとって嬉しい出来事だったんです(笑)


自分たちがアルルに行った時は
写真の手前にあるテーブルや椅子は片付けられていて
そこに、木でできた囲いがありました

自分が見てみたい
世界のお祭りというかイベントの中に
スペインの闘牛があるんですが
なんと!
その闘牛がアルルで行われていました(笑)


その広場にあった木の囲いは
闘牛をする為の囲いだったんです

正直、本場のスペインの闘牛とは微妙に違うかもしれないですが
牛が闘牛士に向かって走り出し
それを颯爽とかわす様子は見応えがありました

まぁ、最初の方は
小学生くらいの子供とかも挑戦していて
大丈夫かな?
ってハラハラしながら見ていたりもしました

ちなみに、
その日の夜の食事は
自分の強い希望によって
アルルにあったスペイン料理店で食事をしました(笑)

パエリアも食べて
この日は
フランスっていうよりは
スペインに旅行に行った気になれました(笑)


ちなみに、パエリアですが
写真みたいに魚介類のパエリアが有名ですが
本場、スペインではお肉が入ったパエリアもあるそうです

とっても満足したアルル旅行だったんですが
ただ、残念なのは
街から少し離れた所にある
アルルの跳ね橋が見れなかったのが残念でした



次回、アルルに行く事があれば
この跳ね橋もみてみたいですね


2 件のコメント:

  1. フランスに行ってスペインを味わうなんて
    一粒で二度おいしい、グリコのキャラメルじゃないですか~(*^。^*)
    闘牛を実際に生で見れて、パエリアも食べてご機嫌ですね~(^^♪

    でも・・アルルの跳ね橋は見れなかったんですね。
    残念・・
    せっかくアルルまで行ったのに~
    名所に行って、名物を見れないなんて残念でしたね~
    でもやっぱり一粒で二度おいしい体験だったことは嬉しい体験でしたね。
    Gabriel.さんのように若いときに外国で冒険できたことって
    人生で本当に貴重な宝物ですよね。

    私は若いときに冒険できなかった分、これから冒険しますよ~(*^。^*)

    返信削除
    返信
    1. 小町さん
      スペインの闘牛はずっと気になっていたんですが
      まさか、フランスのアルルで見れるとは思いませんでした(笑)

      若い時の苦労は買ってでもやれ!
      って言われますが、
      歳を取ってからも出来なかった事は
      じゃんじゃんやった方が良いですよね(笑)

      削除