2018/05/28

首相が断念

つい先日、2~3日前ですかね?
イタリアの新しい首相が決まり
停滞している国会が動き出す
って記事を書きました
次期首相に法学者

で、選ばれていた
ジュゼッペ・コンテさんですが
前向きに新しい組閣を考えて
閣僚候補を大統領に提示しました


以前に書いたと思うんですが
イタリアは、首相と大統領の二人で国を動かしています

まぁ、基本的には首相が色々と考えて
国会運営を含め国を動かして
大統領は議会解散権、首相(閣僚)任命権、軍隊指揮権など
こちらは、政治(国会)に関しては象徴的な存在でしかありません

今回は、その大統領が閣僚候補を見て
「これだとイタリアを任せる事が出来ない!」
って事でコンテさんの考えた案は出来なくなってしまいました

すると、コンテさんは
「閣僚を自由に選べないなら首相は出来ない」
と、首相を自体しました

せっかく動き出したと思ったのに
まさかの事態になってしまいました

ちなみに、大統領が閣僚に反対した理由ですが
脱ユーロに対する考えが強い閣僚ばっかりだったから
と言われています

コンテさんが辞退した後は
大統領が選んだセルジョ・マッタレッラさんが首相になるそうですが
そうなると、
今度は選挙で勝利した脱ユーロ派の政党が黙ってないんですよね

もうしばらくは、
イタリアの政治は混乱が続くと思われます・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿