2018/05/09

チーズの生産量過去最高

突然ですが
イタリアを代表するチーズの一つに
Parmigiano Reggiano
(パルミジャーノ・レッジャーノ)があります

エミリアロマーニャ州で主に作られるチーズで
イタリアのチーズの王様とも呼ばれたりします


そのパルミジャーノの生産量が過去最高らしいです
昨年の2017年の記録ですが
14万7000トンの生産量で
売上高も22億ユーロ(約2900億円)だったそうです

数にすると
360万個のパルミジャーノチーズが作られたそうです(笑)


ほとんどがイタリア国内で消費されるそうですが
スイスやフランスへの輸出も増えてきているそうです

以前も書いたと思うんですが
パルミジャーノ・レッジャーノは
流通する際の審査が厳しくて
ちゃんと審査を通過しないと
パルミジャーノ・レッジャーノを名乗ることは出来ません

さらに、熟成に時間がかかる事から
イタリアには、パルミジャーノ・レッジャーノを銀行の担保にして
お金を借りる事が出来ます
(チーズ生産者のみ)

そんなパルミジャーノ・レッジャーノですが
生産量も増えてますが
価格自体も値上がり傾向にあるそうです

日本だとパスタに振り掛けたり
混ぜて食べたりするチーズのイメージが強いですが
塊のままでワインと一緒に食べても美味しいチーズですよ

最近だと、スーパーとかでも
小分けになって売られているので
興味がある方は塊のままの
パルミジャーノ・レッジャーノもお試し下さい(笑)


価格:537円
(2018/5/9 22:57時点)
感想(19件)




4 件のコメント:

  1. 粉にして食べるチーズをそのまま食べると、
    かなり濃厚そうですね。
    グラナパダーノは私や息子は粉にしたほうが食べやすく感じましたが、
    主人はそのまま塊で食べるのがおいしい、って言ってました。

    返信削除
    返信
    1. 心姫さん
      グラナパダーノは、長期熟成のチーズなんですが
      意外と、割ってすぐに食べるのと
      しばらく経って食べるのと風味が変わるんですよね
      塊のままが美味しいっていう方は
      なかなかの“通”だと思いますよ(笑)

      削除
  2. 昔、チーズイベントでカットしてもらって食べたと思います。

    そんなに貴重なチーズだったなんて。
    この先、あの国が爆買いしなきゃいいけど。。
    今、高いから買わないチーズだけど
    今に買えないチーズになりそう。

    返信削除
    返信
    1. 蓮見さん
      確かに、貴重な物になればなるほど
      爆買いして投資目的に使われたりしますからね~
      高級ワインも買い占めている人がいるとかいないとか

      でも、どうなんでしょうね?
      熟成チーズなので多少は長持ちするとは思いますが
      買い占めるとなると賞味期限とか気になってしまいますよね(笑)

      削除