2017/07/23

SNSで就職活動

今日は、少し変わった話題です

プロサッカー選手のクリスティアン・ザッカルドさんが
次の所属チームを決める為にSNSの就職サイトに登録したそうです

ザッカルドさんは、
元イタリア代表のユニフォームを着るなど
選手としては間違いなく素晴らしい選手ですが
現在、35歳という事もあって
サッカー選手としては下り坂の選手になってしまいました

で、普通は代理人を通してとか
クラブチームからのオファーを待つなどして
次の就職先(所属)を決めるんですが
ザッカルドさんは
世界最大規模のビジネス特化型のSNSで
次の就職先を探しているそうです

色々と自身のスキル、アピールポイントを入力して
登録するみたいですが
ザッカルドさんは
得意なスキルは「サッカー」
これまでの仕事の欄には
セリエA、ブンデスリーガ、イタリア代表など
自身の出場した事があるサッカーの試合を入力したそうです(笑)

アピールポイントは
「あと、2年は高いレベルでプレー出来る」
って事らしいですよ

多くのチームからオファーがあって
数日後には結果を発表出来る
って事らしいですが、
果たして、どこの国のどのクラブチームなんでしょうね

しかし、プロのサッカー選手が
SNSで仕事探しって面白いですよね(笑)
ザッカルドさんも
これから将来は他のアスリートも
SNSで次のクラブを探す様になるかもしれないね
って言われてます(笑)

ちなみに、このSNS就職サイトには誰でも登録できるので
気になる方は登録して次の職場を探して見てはいかがでしょうか?(笑)

Linkedin



2 件のコメント:

  1. 時代ですね・・・。
    私が就職した時代は、もうかれこれ20年近く前なんで、
    まだそこまでPCを持ってる人も使える人も、多くありませんでした。
    でも中には、PCからの応募のみ、って企業がありました。
    PCスキルがないと、応募すらできないんだな~、って思った覚えが。
    まだ携帯すら持ってない時代だったんですよ・・・。

    今の時代なら、逆にPCスキルなんて聞かれないかも。
    できて当たり前、って感じなんでしょうね。

    返信削除
    返信
    1. 心姫さん
      20年ほど前にPCからの応募のみって企業があったんですね~
      今ではPCを使えるのが当たり前ですが
      当時では斬新な社員の応募方法だったんでしょうね
      その会社は今では大企業に成長しているかもしれないですね
      (当時から大企業だった可能性もありますが 笑)

      削除