2019/02/11

Miband3

昨年の秋頃にブログで書いたんですが
持っていた活動量計が壊れてしまったんですよね

その時の記事がコチラ
活動量計が壊れた?

壊れたといっても
画面が表示されないだけで
機能自体にはなんにも問題はなかったんです

なので、しばらく使い続けていたんですが
一応、時計の役割もあったので
やっぱり使い辛い部分が出てきて
今回、新しい活動量計を買いました
前回の時にも書いたんですが
活動量計といっても
かなりの種類が出ているんですよね

で、今回はどのメーカーの
どんな商品にするか悩んだんですが
今まで持っていたXioamiの
「Miband2」が使い勝手が良かったので
その新型である
「Miband3」を購入してみました




箱には大きく「3」の文字が書いてありますね(笑)

ネットでみると
白い箱でシンプルなパッケージだったんですが
送られて来たのはこちらでした

中身ですが
本体と充電器(充電コード)
そして、説明書です




Mibandは国内の正規販売店もあるんですが
今回は、Amazonの少し安くなっていた
別の輸入会社の商品を買ったので
説明書は中国語だけかもしれないなぁ~
って思っていましたが
ちゃんと日本語も書かれてました

というか、
英語やフランス語、アラビア語、韓国語など
簡単な説明ですが様々な言葉で書かれてました(笑)




本体がコチラです

今まで持っていた「2」が左で
新しい「3」が右です

「3」の方が一回り大きいですね

でも、腕に付けてみた感想は
「2」と比べても違和感がないくらい
軽くてずっとつけている事が出来そうです

詳しい、機能や性能に関してですが
まだ、買ったばかりなので
しばらく使ってみてから紹介したいと思います

新品価格
¥3,499から
(2019/2/11 23:41時点)




2 件のコメント:

  1. 欲しいんです、活動量計。
    最近、携帯のアプリで目覚ましをセットしてみたんですが、
    普通の目覚ましより、目覚めがいいんですよ。
    セットした時間に15分ほど余裕を持たせれば、
    覚醒しやすい時間に起こしてくれる、と。
    ただ枕元に置いた携帯だけでそうなるのなら、
    活動量計ならもっと正確な数値で起こしてくれるかも、って~。

    返信削除
    返信
    1. 心姫さん
      メーカーとか国産とかこだわりが無ければ
      中国製で安い活動量計が売ってあるので
      それを試してみると良いかもしれません
      自分が買ったMiband3は防水とかが強いので
      その点とかが自分の使い道にあっていたんですよね
      なので、睡眠の計測とかにこだわりたいとかなら
      アメリカのメーカーとかも良いって聞きますね
      ただ、アメリカメーカーだとお値段が高くなるのが難点なんですよね(笑)

      削除